ビック酒販現金・デビットカードで、3%ポイントサービス!詳しくはこちら!
ビック酒販トップお酒の豆知識お店のご案内ネットショップ会社案内
※当サイトでの販売は行っておりません。 ※未成年者の飲酒は法律で禁止されています。※未成年者へのお酒の販売はいたしません。
ビック酒販トップお酒の豆知識ワインを美味しく飲むには・・・
お酒の豆知識   お酒にまつわる豆知識〜ワイン編

ワインを美味しく飲むには・・・

ワインをもっと美味しく楽しむために、飲み頃や健康についても簡単にまとめました。

ワインの適温

冷やしすぎに注意!

冷蔵庫で冷やす場合は、冷やしすぎにご注意ください。また、冷蔵庫に入れっぱなしにしたワインは、 冷やしすぎで風味を失ってしまいます。

冷やす時間を短縮しようと、冷凍庫で急激に温度を下げると、風味も急激に下がってしまいます。 美味しく飲むためには、ゆっくりと冷やしてください。

  • 赤ワイン・・・高級なものであれば、18度くらいで飲むのが適温です。軽いものであれば、冷やしても大丈夫ですが、 13〜18度くらいで飲むのがおすすめです。
  • 白ワイン・・・上質なものは、12度くらいが飲みごろですが、辛口のものはもう少し低め、甘口タイプであれば、4〜8度くらいが飲みごろになります。
  • ロゼワイン・・・辛口の白ワインと同じくらいで、10度前後が飲みごろです。
  • スパークリングワイン・・・甘口の白ワインと同じくらいの、4〜8度が飲みごろです。

ワインの飲み頃

買ってすぐでもおいしい!

ワインは、必ずしも熟成させた方が良いわけではありません。種類によっては、購入後、早めに飲んだ方が良いワインもあります。

普通のテーブルワインは、買った頃が飲み頃になるように出来ていますので、買ってすぐに飲んでも美味しくいただけます。

また、ヌーヴォーなどの、フレッシュさを味わうタイプのワインは、早めに飲んだ方が良いとされています。

各ワインに関する詳しい飲み頃は、販売員にお尋ねください。

ワインの保存方法

ワインセラーは必需品!

ワインは、温度、湿度、光、振動、においなどに、大変影響を受けやすい飲み物です。 そのため、長期保存をするにはいくつかの注意が必要となります。

熟成させるため高級ワインを保存するのなら、適温に保つとともに湿度の調整もしてくれるワインセラーをご利用になるのが、 おすすめです。

ワインセラーをご利用にならずに保存する場合は、光が当たらず、静かな場所で、寒暖の変化の少ないところに、 横に寝かせた状態で保存してください。買ってすぐでもおいしい!

このとき、紙に包んで、さらにビニール袋に入れて保存すると、温度の影響を受けにくくなります。

*

ワインを横に寝かせて保存する理由ですが、立てたまま保存するとコルクが乾燥し、固くなり縮んできます。 すると、隙間が出来、ワインが劣化しやすくなります。このため、コルクをワインで湿らせ、乾燥を防ぐため、横に寝かせます。

しかしながら、日本の夏は暑く、湿度も高くなったりするため、ワインセラー以外で長期保存をするのは、なかなか難しいともいえます。

ワインと健康

ポリフェノールは果皮に多く含まれます

赤ワインに多く含まれている『ポリフェノール』は、ガンや動脈硬化を起こす原因にもなると言われる『活性酵素』を抑える働きがあります。

ポリフェノールは果皮に多く含まれ、果実にはあまり含まれていません。そのため、果皮ごと絞る赤ワインが良いと言われています。 また、アルツハイマーや高血圧の予防にもなる、といわれています。

白ワインは、実は殺菌作用が強いお酒です。お寿司に白ワイン、という組み合わせを聞きますが、これは生魚を扱う上での食中毒防止にもなる、 というわけです。

ですが、効果があるのは適量飲んだときであり、飲みすぎは体に良くありません。楽しく、健康にワインを味わうためにも、飲みすぎにはお気をつけください。

▲このページのTOPへ▲
→お酒の豆知識TOPへ
トップ | お酒の豆知識 | お店のご案内 | 会社案内
ビックカメラ生毛工房ビックトイズビックスポーツビックコンタクト東京サービスステーション
ご質問・お問い合わせ先 メールアドレス:shuhan-net@biccamera.com

Copyright(c) 2005 ビック酒販. All Rights Reserved.