ビック酒販現金・デビットカードで、3%ポイントサービス!詳しくはこちら!
ビック酒販トップお酒の豆知識お店のご案内ネットショップ会社案内
※当サイトでの販売は行っておりません。 ※未成年者の飲酒は法律で禁止されています。※未成年者へのお酒の販売はいたしません。
ビック酒販トップお酒の豆知識日本酒の保存方法
お酒の豆知識   お酒にまつわる豆知識〜日本酒編

日本酒の保存方法

保存方法を間違えてしまうと、せっかくの美味しい日本酒も台無しになってしまいます。正しい保存方法で、美味しい日本酒を楽しみましょう。

ただしく保存、おいしいお酒を!

日本酒は、高温と光を嫌います。そもそも、日本酒のビンが茶色なのは、光を遮断するためです。高温や光が煌々とさす場所での保存は、日本酒を劣化させてしまいますので、暗く、涼しいところに保存するようにしてください。

また、新聞紙などで包んで保存すると、さらにしっかり日光が遮断できるので、おすすめです。

基本的な保存方法は上記のとおりですが、種類によって異なる部分があります。

まず、生酒は「火入れ」 と呼ばれる過程を行っていないため、容器や温度の影響をとても受けやすいお酒です。そのため、ご家庭で保存される場合も、 冷蔵庫で保存してください。

その他の場合も、なるべく冷蔵庫での保存をおすすめしますが、一升瓶などのように冷蔵庫に入らないサイズの瓶の場合は、 日光や、蛍光灯などの光が当たらず、温度がなるべく一定に保たれる場所に保存してください。

開封した日本酒は、数日以内で飲みきるのが理想的ですが、もし余ってしまった場合は、お料理などに使うと良いでしょう。

開封した後は、なるべく空気に触れないようにし、飲みきらなかった一升瓶のお酒を保存する場合は、小さな瓶などに移して冷蔵庫に入れるか、風通しの良い冷暗所に保存してください。

火入れとは?

火入れとは、低温熱殺菌をさす日本酒用語です。

日本酒は、貯蔵前や、瓶詰前に60度と言う低温で殺菌します。火入れによって、酵母や火落ち菌と呼ばれる菌が殺菌されます。

火落ち菌は、中毒を起こしたりすることはありませんが、酒を白濁化させ、香味を変化させます。この繁殖を抑えるために、ろ過と火入れを行うのです。火入れを行い加熱殺菌することで、長期熟成保存が可能になります

▲このページのTOPへ▲
→お酒の豆知識TOPへ
トップ | お酒の豆知識 | お店のご案内 | 会社案内
ビックカメラ生毛工房ビックトイズビックスポーツビックコンタクト東京サービスステーション
ご質問・お問い合わせ先 メールアドレス:shuhan-net@biccamera.com

Copyright(c) 2005 ビック酒販. All Rights Reserved.